町田市の葬儀場とサービスの特徴

町田市は東京都にある都市で、人口は約43万人です。町田市の魅力は、古き良き自然と伝統であり、また新しい文化でもあります。相反するふたつが共存していると言えます。町田駅周辺には近代的な大型店舗が目につきます。しかし駅周辺を歩いて行くと、何十年も昔から続いている老舗の店舗が今も営業を続けています。町田市は新しい文化を取り入れながら、それでいて古き良きものを残しています。老若男女を問わず受け入れる事ができる町と言っても過言ではないでしょう。つまり、さまざまな人が暮らしている町とも言えます。そんな町田市だからこそできる葬儀というものもあるのではないでしょうか。昔から住んでいる人も新しく越してきた人も満足のいく葬儀ができる事は、魅力的ですね。まずは葬儀屋の仕事内容を見ていきましょう。

葬儀屋の仕事内容を理解していきましょう

葬儀屋の仕事は主に4つにわけられます。まずは司会進行役です。大きい葬儀になればそれだけ、この役割は重要になってきます。すべての段取りを指揮する為、進行過程などをすべて理解しておく必要があります。進行ひとつ遅れたり手間取ったりすると、式が台無しになりかねません。次に祭壇作りですが、葬祭ディレクターの資格を持つ者が、基本的には指示して作成していきます。家族葬などの小さな式では自社で完結させる事も多いですが、大きな式になるとさまざまな業者と一緒に作り上げていきます。3つ目は献茶です。聞き慣れない単語ですが、葬儀会場で弔電を預かったり受付をしたりと、主に雑務を行なう仕事です。最後は納棺師です。ご遺体を清潔にして衣服を着せ、化粧を施す役割です。ではここからは、町田市における葬儀屋の特徴を見ていきましょう。

町田市の葬儀屋の特徴とは何でしょうか

町田市に限らず、葬儀屋には公営と民営があります。基本的に公営は料金を抑える事ができます。そして火葬場に近い事が多い為、移動する手間が省ける事もメリットにあげられます。一方で民営は数が多く、火葬場から遠くなる為車での移動が必要になりますが、その分家族葬や細かい要望にも応えてくれる場合が多いです。また、数の少ない公営は空きが無い事もありますが、民営も検討すれば空きは見つかるでしょう。町田市にも多くの葬儀屋があり、それぞれに特徴を持っています。先述した様に、新しい文化と古い伝統が残る町田市においては、各年代の要望に応えてくれる、地域密着型の葬儀屋も多く見受けられます。盛大な葬儀にした人から、家族だけで見送りたい人、その他細かな要望がある人、どんな人にも対応できるだけの葬儀屋があります。それぞれのニーズに合わせてプランを提示してくれますので安心して任せる事ができますね。