リゾートバイトで旅行もお金も大満足!

top > リゾートでバイトを見つけるコツ > リゾート関連のアルバイトの休日事情

リゾート関連のアルバイトの休日事情

リゾートでのアルバイトは、メリットがたくさんありますが、仕事自体は忙しいことが多いです。
これはもちろん場所にもよるでしょうけれど、基本的には休日は週2回の場合が多く、とても忙しい場所となると休日が週1回ということもあるでしょう。
もともとリゾートでのアルバイトは忙しいことが基本なので、高い時給を出してでも人手が欲しいという考えであり、労働時間はフルタイムで休日は法定の週休2日制にしているところがほとんどです。
休日に関しては、仕事の忙しさや来客数などによって、当初の内容とは違ってくることもあるでしょう。
気になることはあらかじめ事前に担当者に確認しておき、聞いていた条件と違う、などといってトラブルになったりストレスに感じたりしないで済むように、きちんと心の準備をしていくと良いのではないでしょうか。



リゾートでのアルバイトで大切なこと

リゾートでのアルバイトは、コミュニケーションをとるのが苦手に人にとっては、少し大変かもしれません。
コミュニケーションをとるのが苦手でも、どうしてもチャレンジしたいのであれば、まずは自分がする職種をあらかじめきちんと選ぶようにしましょう。
あまり人とコミュニケーションをとらずともできる仕事は布団敷きなどの裏方の仕事です。
調理補助などであれば、お客さんと接することはありませんが、調理場の人たちとコミュニケーションをとりながら仕事を進めなくてはいけません。
布団敷きや掃除、洗いものなどは上司の指示のもと、ほとんど会話をすることなく仕事をすることができますので、コミュニケーションをとるのが苦手な人にはおすすめです。
コミュニケーションをとるのが苦手であれば、面接の際にしっかりと事情を話しておくのも良いでしょう。



リゾートでのアルバイトで気をつけること

リゾートでのアルバイトに興味を持っており、実際に働いてみようかと検討している人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
魅力がたくさんある仕事ですが、仕事に入っている間は自由な時間はほとんど無いということを心得ておきましょう。
もちろん仕事の忙しさは業種にもよりますが、旅館やホテルでの仕事の場合、長めの休憩システムをとっています。
宿泊業の場合忙しい時間帯が朝と夜なので仕方ないことではありますが、このシステムのため、同じ8時間労働でも拘束されるのがほぼ1日となります。
リゾートでのアルバイトが必要な時期は忙しい時期であるということがほとんどなので、休みが少ないのであれば自由に動ける時間はほとんどなく、のんびりと働きながらリゾートライフを満喫したいという考えで行くとギャップに苦しむかもしれないので注意が必要です。

次の記事へ

ページトップへ